お電話でのお問い合わせは、0955-20-4082

純粋に東洋医学(漢方)を学び実践したいという思いをもつ薬局の有志
で運営し、九州地区で中医学の研修会を開催する学びのグループです。
学生さんも歓迎しております。

※日本中医薬研究会様とは全くの別団体ですのでご承知下さい。

ホーム > 新着情報一覧 > 勉強会一覧 > 2014年8月九州中医薬研究会海外研修 瀋陽薬科大学編

■2014年8月九州中医薬研究会海外研修 瀋陽薬科大学編

2014.08.21

私たち九州中医薬研究会は、東洋医学を愛し、もっともっと学び実践したいと考えております。

そして、これからの時代を担う若い方々にも世界に通用する東洋医学を学んでほしい、学ぶ場をつくりたい

そんな思いで運営をしております。

今回は、九州中医薬研究会でご講義をいただいております李 剛先生のご紹介で、

九州中医薬研究会の理事 メンバーで中国に研修に行かせていただきました。

本当に感謝、感謝です。

DSC00077
今回は中国の遼寧省にある2大学を訪問させていただきました。

 

まず、一校目が、瀋陽薬科大学(しんようやっかだいがく)です。

 

中国で漢方を学ぶ薬剤師さんが集う大学です。

ちなみに、中国では薬剤師さんの免許は日本のように一種類ではありません。

西洋医学の薬剤師さんと、東洋医学の薬剤師さんとがあるのです。

 

 

瀋陽薬科大学は1931年に創立した薬学の総合的な大学です。

製薬学部医薬企業管理室が発展し、企業管理、薬事管理などを学ぶ学院として設けられています。

 

学生は1万1千人。大学院生2千5百人が在籍しています。

 

DSC00127−2

 

中国全土において天然薬物の薬理研究はNo1の学校で、大学研究は植物についてが中心です。

 

学生さんも優秀で、東京大学をはじめ日本の20もの大学と姉妹提携を結んでおり、

日本の東洋医学教育に深く関係し、大きな功績のある大学なのです。

 

DSC00146

 

 

学校内には、沢山の近代的で、立派な実験室や、研究室がありました。 

すごく整然としていました。

 

 

 

あまり近代の東洋医学に馴染みのないみなさままのは、

「東洋医学」とか「漢方」とか聞くと、現代医学や、化学的なものとは違うような

イメージを持たれる方も少なくはないのではないでしょうか?

 

DSC00148−2

 

 

ところが、

現代の最新の東洋医学の現場では、天然生薬についても、化学的な分析やしっかりとした学術的な

裏付け を常に最新の技術でしっかりと構築しているのです。

 

最新の近代的な設備と、勤勉な学生さんや、研究者の方々のお姿を見て、

我々もそれをしっかり体感し、実感いたしました。

DSC00193

もちろん、人体に対する効果や安全性などについてもしっかりと研究されています。

 

西洋医学で研究、試験されて製造される化学薬品と同様に、

動物実験もしっかり行われております。

 

DSC00177−1

 

漢方と言えば、生薬が要です。

この大学では、生薬を育てる研究もなされていました。

 

これからの未来にとって、とても大切な分野です。

手厚く、丁寧な管理のもと、生薬が育っておりました。

 

DSC00180 2

 

 

研究室をしっかり見学させていただいたあとは、

手厚い歓迎の場を設けていただき、情報交換の時間をとっていただきました。

 

私たちの質問にも本当に丁寧にわかりやすく答えていただきました。

 

 

今回、一番感動し、心に残ったのが、大学の先生方のお人柄、人間的な素晴らしさです。

 

みなさん、有名で立派な偉い先生方ばかりです。

 

でも、いずれの先生も、やさしく、礼儀正しく、腰が低く、謙虚で紳士的な方ばかりでした。

 

やはり、一流の東洋医学家というものは、人間性も一流なのだと身を持って実感いたしました。

 

DSC00243 2

 

私たちも、このご縁を、しっかり活かして安全で効果の高い東洋医学を日本にももっと広めたいと思います。