お電話でのお問い合わせは、0955-20-4082

純粋に東洋医学(漢方)を学び実践したいという思いをもつ薬局の有志
で運営し、九州地区で中医学の研修会を開催する学びのグループです。
学生さんも歓迎しております。

※日本中医薬研究会様とは全くの別団体ですのでご承知下さい。

ホーム > 新着情報一覧 > 勉強会一覧 > 7月9日(日)博多深見ビルにて9:30より特別講義に正山征夫先生をお迎えし、九州中医薬研究会セミナー開催いたします。

■7月9日(日)博多深見ビルにて9:30より特別講義に正山征夫先生をお迎えし、九州中医薬研究会セミナー開催いたします。

2017.04.11

2017年7月9日(日)
2017年度の九州中医薬研究会セミナーの第2弾、好評開催いたします。


今回のテーマは
東洋医学の実践に向けて 1人の100歩よりも100人の1歩
と題し、パネルディスカッションを行います。

・今まで漢方の勉強をしているけれどなかなか実践にむすびつかない
・忙しい調剤業務の中、漢方提案などが出来るのだろうか?
・健康サポート機能として漢方の要素を取り入れたいけどどうやればいい?
・とにかく漢方と聴くと敷居が高い感じがして近寄りがたい
などとお感じの方



今回は
これからチャレンジしてみたい!という初心の方におすすめの内容になっております。

また、薬局の様々な事情や思いがわかるので、薬局とのコラボレーションを考えていただける方にもお越しいただけたら幸いです。



■会場は博多駅から徒歩3分の深見ビル
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
地下1階のB会議室

(前回 第一回目と会場が違いますのでご注意を)

地下の会議室Bになります

  
■参加費は 単発一般参加 6000円/一講座

(既にお申込みいただいてる方は以下です)
新規会員 一括払い 22000円(全4回講座)
既会員  一括払い 20000円(全4回講座)

となっております。
急に都合がついた!予定が変わったので参加してみようか?という方など
ドタ参も歓迎しております。

   ・
■この勉強会のコンセプト

私達九州中医薬研究会は、特定のメーカーの主催ではなく、東洋医学を学び実践しようという有志により手弁当で運営しているコミュニティです。

情報やIT、ネットが発達した昨今、単に漢方や東洋医学を勉強することはどこでも出来る時代になりました。しかしながら、大切なのは学ぶこと以上に実践することです。

実践するためには、仲間同士知恵を出し合ってモチベーションを高めあうことが一番だと私達は考えます。
ですので、この勉強会は 学ぶことプラス色々な東洋医学の実践者と交流することにより新たな化学反応を生み出していくことを目的としています。

東洋医学を学ぶ初心者の方もベテランの方も
医療従事者である方もそうでない方も
九州の方もそうでない方も
東洋医学を愛し、学び実践したいと考えている方ならだれでもご参加歓迎しております。

また、初めて参加される方もすぐに場に馴染めるよう小グループディスカッションスタイルをとっております。初めてで不安な方も安心してご参加ください。


   ・
■ご持参品

筆記用具 ※お弁当

※近隣に飲食店が少ないですし、昼もコミュニケーションの場にしますのでご持参ください。



■講座スケジュール
9:30〜 開場 会場準備
※手弁当運営の研究会です。事務局も勉強できますようお支払がある方、初参加の方はなるべく早くお越しいただけましたら幸いです。

10:00〜11:10
中医学基礎講座1(陰陽五行説1)

11:20〜12:30
中医学基礎講座2(陰陽五行説2)

12:30〜13:00
昼食(昼食は各自ご持参ください)

13:30〜14:10
一期一会タイム(昼食しながら)
同じ会員同士じっくり自己ブランドを紹介しあいましょう

14:10〜14:15
休憩 準備

14:15〜15:20
パネルディスカッション
テーマ:薬局での東洋医学の実践について

15:20〜15:30
休憩

15:30〜16:40
長崎国際大学 正山征夫先生
による生薬学 (仮)新たな方剤による新漢方

16:40〜17:00
全員で片付け

17:30〜
近隣居酒屋で希望者による交流会(希望者)



■講師 正山征夫 先生



長崎国際大学薬学部教授
1968年9月 九州大学薬学部助手
1974年1月 薬学博士(大麻に関する生薬学的研究)
1975年~1976年 マサチューセッツゼネラルホスピタル(ハーバード大学病院)
博士研究員(脳内スフィンゴリピッドの代謝研究)
1978年10月 九州大学薬学部助教授
1991年10月 同上教授
2004年4月~2006年3月 九州大学大学院薬学研究院長・薬学府長・薬学部長
2007年3月 同退職
2007年4月 長崎国際大学薬学部教授、九州大学特任教授( -2010年3月)
九州大学名誉教授、日本生薬学会会長( -2008年3月)