お電話でのお問い合わせは、0955-20-4082

純粋に東洋医学(漢方)を学び実践したいという思いをもつ薬局の有志
で運営し、九州地区で中医学の研修会を開催する学びのグループです。
学生さんも歓迎しております。

※日本中医薬研究会様とは全くの別団体ですのでご承知下さい。

ホーム > 新着情報一覧 > 勉強会一覧 > 4月13日 第1回 実用中医薬講座が開催されました

■4月13日 第1回 実用中医薬講座が開催されました

2014.04.14

4月13日、第1回目の、実用中医薬講座が開催されました!

IMG_2008

50名の皆様にご参加いただき、記念すべき第1回の講座が無事盛況のもと開催されました。

参加者の皆様も、非常に真剣に学ばれておりました。
会場にも熱気があふれておりました。

S__1466393

遠方では、宮崎県や、広島県からご参加いただく方もいらっしゃいました。

雨で足下の悪い中のご参加、本当にありがとうございました。

生薬学講義では、

医薬の歴史、日本の東洋医学の歴史、そしてヨーロッパの歴史背景から、天然薬物成分の世界的な現状などにも触れる非常にグローバルで貴重な講義をいただきました。

我々が店頭ではなかなか知ることのできない貴重な生薬流通のお話もいただきました。
1109580984798

方剤学では
桂枝(桂皮)を含む方剤群という、非常に興味深いタイトルのご講義で、

エキス製剤での桂枝湯類処方、桂枝湯類以外で桂皮を含むものから、幅広い処方解説などとてもわかりやすくご講義をいただきました。

そして、中医基礎理論では

中医学の歴史から、中医学の特徴、中医学発展の概要 という壮大な流れで、日本ではなかなか理解しにくい東洋医学のとても大切な基礎の部分からのご講義でした。

日本で漢方を学んだ我々には、ちょっと理解が難しい、陰陽や五行の話を、非常にわかりやすい例えや図解を交えて楽しく説明していただきました。

東洋医学の勉強のキャリアが少ない受講生の方からも「わかりやすかった!」と大好評でした。

S__1466405

本当にすばらしい講義の数々でした。
印象的だったのは、
講師の先生方が、第一講目に、東洋医学の歴史や基礎を大切に話されたことです。

やっぱり基礎がとても大切であること

そして、古典に学ぶことの大切さを感じました。
王道に近道なし! ですね (o⌒∇⌒o)

 

次回の実用中医薬講座は、5月11日です!!

次回も、またしっかり学んでいきましょう!