お電話でのお問い合わせは、0955-20-4082

純粋に東洋医学(漢方)を学び実践したいという思いをもつ薬局の有志
で運営し、九州地区で中医学の研修会を開催する学びのグループです。
学生さんも歓迎しております。

※日本中医薬研究会様とは全くの別団体ですのでご承知下さい。

ホーム > 新着情報一覧 > 勉強会一覧 > 10月8日(日)博多深見ビルにて9:30より特別講義に李剛先生をお迎えし、単回参加歓迎!学生割引500円にて九州中医薬研究会セミナー開催いたします。

■10月8日(日)博多深見ビルにて9:30より特別講義に李剛先生をお迎えし、単回参加歓迎!学生割引500円にて九州中医薬研究会セミナー開催いたします。

2017.09.20

単回参加歓迎!学生さんは割引500円にて必ず申し込みフォームからお申込みください。
九州中医薬研究会2017年講座お申込みはコチラから
九州中医薬研究会公式Facebookページはコチラ
(ご案内はこちらで行っています。イイねを押していただけたら情報がフィードに流れます)


 


 

 

2017年10月8日(日)
2017年度の九州中医薬研究会セミナーの第3弾、好評開催いたします。

 


 

基礎講座、国際的な中医師の特別講演に加え、
パネルディスカッションを開催します。
テーマは
「東洋医学の身体の外側からのアプローチと未来を考える」です。

各方面で、現場で施術しておられる先生方に
ご登壇いただき、身体の外側からのケアと東洋医学の未来についてディスカッションします。

東洋医学において
漢方のように飲んで身体の内側からアプローチする方法と
鍼灸のように身体の外側からアプローチする方法とは
車輪の両輪です。

第一線で活躍される先生方のお話を聴いて、
現在の自分の提案に付加価値をつけていきましょう





当セミナーは

・初めて漢方(中医学)を学ぶけど、どこでなにを学んでいいかわからない
・今まで漢方(中医学)の勉強をしているけれどなかなか実践にむすびつかない
・なかなか漢方相談にむすびつかない きっかけがほしい
・お客さまと良質のコミュニケーションを構築するきっかけ作りはないだろうか
・健康サポート機能として東洋医学の要素を取り入れたいけどどうやればいい?
・イベントや健康教室などで気軽に試していただく入り口がほしい

以上のような方々におすすめです。

※当研究会は、中医学をベースにしていますが、流派にこだわらず違いを明確にして学んでいくスタイルをとっています。





初心者の方も、社会人の方も学生さんも、医療従事者の方もそうでない方も
継続でご参加される方も初めてご参加される方も
東洋医学を愛し、実践したい方ならどなたでもご参加ください。
(会場のキャパシティがありますので初参加の方は必ず事前にお申込みフォームへの入力お願いします






■会場
博多駅から徒歩3分の 深見ビル貸し会議室
 アクセスはこちら
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
地下1階のB会議室



 


 



参加費
単発一般参加 6000円/一講座
(必ず事前にお申込みの連絡をいただくことが条件です)

学生さんは特別割引きワンコイン500円でご受講いただけます。ただし必ずお申込み連絡いただくことが条件です。

(既にお申込みいただいてる方は以下)
新規会員 一括払い 22000円(全4回講座)
既会員  一括払い 20000円(全4回講座)

となっております。
急に都合がついた!予定が変わったので参加してみようか?という方など
事前にお申し込みの連絡さえいただけましたら、ドタ参も歓迎しております。

◼お申込み

単回参加歓迎!学生さんは割引500円にて必ず申し込みフォームからお申込みください。
九州中医薬研究会2017年講座お申込みはコチラから
九州中医薬研究会公式Facebookページはコチラ
(ご案内はこちらで行っています。イイねを押していただけたら情報がフィードに流れます)






■この勉強会のコンセプト
私達九州中医薬研究会は、特定のメーカーの主催ではなく、東洋医学を学び実践しようという有志により手弁当で運営しているコミュニティです。

情報やIT、ネットが発達した昨今、単に漢方や東洋医学を勉強することはどこでも出来る時代になりました。しかしながら、大切なのは学ぶこと以上に実践することです。

実践するためには、仲間同士知恵を出し合ってモチベーションを高めあうことが一番だと私達は考えます。
ですので、この勉強会は 学ぶことプラス色々な東洋医学の実践者と交流することにより新たな化学反応を生み出していくことを目的としています。

東洋医学を学ぶ初心者の方もベテランの方も
医療従事者である方もそうでない方も
九州の方もそうでない方も
東洋医学を愛し、学び実践したいと考えている方ならだれでもご参加歓迎しております。

また、初めて参加される方もすぐに場に馴染めるよう小グループディスカッションスタイルをとっております。初めてで不安な方も安心してご参加ください。

尚、我々は手弁当で有志が運営しております。
ご参加の際は必ず事前に、お申込みフォームに入力いただくことをお願いいたします。


■ご持参品
筆記用具 ※お弁当 必ずご持参ください。

※近隣に飲食店が少ないですし、昼もコミュニケーションの場にしますのでご持参ください。





■講座スケジュール
9:30〜 開場 会場準備
※手弁当運営の研究会です。事務局も勉強できますようお支払がある方、初参加の方はなるべく早くお越しいただけましたら幸いです。

10:00〜11:10
中医学基礎講座1

11:20〜12:30
中医学基礎講座2

12:30〜13:00
昼食(昼食は各自ご持参ください)

13:30〜14:10
一期一会タイム(昼食しながら)
同じ会員同士じっくり自己ブランドを紹介しあいましょう

14:10〜14:15
休憩 準備

 

14:15〜15:20
パネルディスカッション
テーマ:「東洋医学の身体の外側からのアプローチと今後を考える」

▶座長 赤座正樹先生
座長より:
「広島で漢方の千幸堂をやっています赤座正樹です。ご指名によりファシリテーター役となっていますが、体の外側から見えてくる健康の世界観や未来について、パネラーの先生方のお話しを聞いてバランスをよくしていきたいと思っている者の一人です。よろしくお願いいたします。

▶パネラー
・高口温生先生
先生からのコメント:
「温香堂鍼灸整骨院院長の高口です。私は現在、西洋医学的鍼灸という感じで、9:1で対症療法的な鍼の施術をしています。整形外科的な鍼、リハビリ鍼という位置づけをしています。詳しくは当日に紹介できるよう努力いたしますが、鍼灸師は卒業後 、東洋医学的な道に進むか 西洋医学的か分かれます。私の祖先は瀬高町で漢方医でした。恵美朴元でその息子の恵美伍一郎は明治7年東京医学校で蘭法医学を学んで帰京した筑後地方の蘭法始祖だそうです。そういう因縁で私はこの会に惹かれたような気がしています。」

・こみやかおり先生
先生からのコメント:
「温熱刺激療法イトオテルミーの療術師こみや佳織と申します。 もともと、身体の内側と外側から健康にアプローチすることに興味があり、九州中医薬研究会に参加させていただいたこともあり、わたしもこのテーマはとても興味深く思います。 パネラーなど、人前で話すことは緊張の方が大きいですが、ぜひぜひ皆さんに喜んでいただけるものにしたいと思います。 」

・露木俊治先生:
先生からのコメント:
「つゆき鍼灸接骨院 アスリートコンディショニングルーム院長 をつとめております。陸上競技部専門の鍼灸接骨院です。陸上競技に多い、『シンスプリント、肉離れ、足底筋膜炎、腰痛』などの治療を得意としています。陸上競技専門にやってきたからこそ“わかること”、“できること”があります。姿勢分析、動作分析を行い、選手に必要なケアーを行っています」

 

15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:40
国際的な中医師による特別講演
李 剛 先生



1985年7月 中国・遼寧中医学院医学部を卒業 医学学士号、医師免許取得
1985年7月~1989年7月  中国・遼寧中医学院に勤め、助手 に
1989年7月~1992年7月  中国・遼寧中医学院医学部において医学修士号を獲得
1992年7月~1995年7月  中国・遼寧中医学院に勤め、講師 に
1995年7月~1998年7月  中国・遼寧中医学院基礎部において医学博士号を獲得
1995年7月~  中国・遼寧中医学院附属病院に勤め、助教授 に
1996年11月~1997年11月 日本・穐吉病院にて共同研究
1997年11月~2000年3月 日本・中国伝統医学研究所にて 共同研究
2000年4月~ 中国・遼寧中医学院附属病院に勤め教授に教授に
2007年7月~日本三益株式会社 研究開発所所長・九州大学森林圏環境資源科学講座にて共同研究 2010年3月~ 社団法人国際天然物機能開発研究会 副理事長に
2012年10月~ 長崎国際大学薬学部において客員教授に就任
論文発表、受賞、研究テーマが多数。
著書: 1、「養生方法概論」(1991年中国出版) 2、「変態反応学」(医学部教材1997年出版) 3、「簡明中医診断学」  (医学部教材1998年出版) 4、「薬湯・薬膳・薬酒手帖」(2012年日本出版)

 

16:40〜17:00 全員で片付け

17:30〜 近隣居酒屋で希望者による交流会(希望者)

ご参加お待ちしております!まずはお申込みフォームにご入力お願いいたします!